RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
大人の女性との「出会いの扉」

「出会いの扉を開く鍵」屋本舗

出会う女性はアラフォー・アラフィー

熟女論

出会い系体験談 エッチになる年増女性たち

今更ながら「出会い系利用について」

相手は「彼氏である(彼女である)」という思い込み
互いに「いい感じ」になってくると、ついつい「甘え」が出てきてしまう。
「私のこと(俺のこと)だったらあの人なら許してくれる」
という甘え。

ただここでちゃんと考えないといけないことは
「相手はあなたの彼でもなければ彼女でもない」
ということ。この認識はとても重要である。

あなた方は単なる「浮気相手」であり、「セックスフレンド」でしかないということ。
もちろん、エッチだけで「気持を求めてはいけない」というのではない。
ふたりきりに時には大いに「恋人気分」を味わえばいい。

ただその時だけにしておいたほうがいい。
長く相手と続けたければ。

相手の生活のペース、仕事のペース、金銭のペースを妨害してはいけない。
そのつもりになっていなくても結果的に「妨害」しているなら同じこと。
特に熟女世代の女性が浮気相手なら 彼女は家庭を預かる主婦であることが多いであろう。
そして 彼女は自分の立場をよくわかっていてそれを大切にしているはずである。

浮気相手は互いに「相手にとって大きなリスク」なんだということは忘れてはいけない。
そこは細心の注意を払う。
リスクである以上、爆弾を抱えながら暮らしているようなものである。
相手に必要以上に「振動」を与えてはならない。
振動にびくついて、あるいはストレスがたまり
いずれ爆弾を腰から外して置き去りにしてゆくことであろう。

メールなら・・・
いえいえ とんでもない。
どこで「身内」がみているかわからないのだ。

互いに何か「暗号」を作っておいて、それを合図に相手の状況を察しながら
連絡はとったほうがよい。

別に連絡を最低限度にしろというのではない。
感情が盛り上がれば「相手を感じたくなる」のは当然である。
ただし 相手の状況が見えてないときには理性で感情をコントロールすること
そんな気持ちが絶対必要。

すべて長続きさせるためである。

浮気は「恋」ではない。
互いが合意のもとに築き上げたひと時の「止まり木」のようなもの。
そうでなければ いづれ誰かが傷つくことになる。

相手を、いっしょにいるとき以外は「彼氏・彼女」にしてはいけない。
author:stardog, category:-, 07:11
comments(0), trackbacks(0), - -
大人の女性との「出会いの扉」

「出会いの扉を開く鍵」屋本舗

出会う女性はアラフォー・アラフィー

熟女論

出会い系体験談 エッチになる年増女性たち

今更ながら「出会い系利用について」

スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:11
-, -, - -
大人の女性との「出会いの扉」

「出会いの扉を開く鍵」屋本舗

出会う女性はアラフォー・アラフィー

熟女論

出会い系体験談 エッチになる年増女性たち

今更ながら「出会い系利用について」

Comment









Trackback
url: http://avarukikata.jugem.jp/trackback/7