RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
大人の女性との「出会いの扉」

「出会いの扉を開く鍵」屋本舗

出会う女性はアラフォー・アラフィー

熟女論

出会い系体験談 エッチになる年増女性たち

今更ながら「出会い系利用について」

浮気における金銭負担は!?
浮気をするときにまったくお金を使わないなんて「稀」な人たちはおいといて
普通は金銭的負担は発生する。
食事だって外食、飲みにいくにもそう、SEXをするにはホテルを使用・・・などなど。

さてそのときの支払いは誰がするのか?
「当然男がする」という人、または「そのときある方が出せばいい」
そういう声が聞こえてきそうである。

私の経験からするとどちらもNG。
とてもじゃないけど続けられない。
あなたが、有り余るほどの大金持ちの人ならいいが
我々庶民はお金を湯水の如く使い続けるわけにはいかない。
家族には一切一文たりとも負担はかけず内密にするのが「浮気の仁義」。
ということは、自分の小遣いやヘソクリの範囲で浮気のお金は捻出しなければいけない。
それができない人は「浮気には向かない人」と言わざる得ない。
そんな人が浮気をした場合は「崩壊」への道を進んでいると覚悟することである。

浮気の原則はフィフティーフィフティー。
精神的にも金銭的にも責任の取り方もすべてが対等でなければ続けていくのは困難。

よく出会い系の掲示板等で「サポ希望」とか「愛人契約」とか見るが
あれは浮気相手ではなく、売春婦としか思えない。
金の切れ目が縁の切れ目。
そんな人間関係楽しくもなんともない。
一時的な刹那の快楽を求めるならプロのお姉さん方の方が断然男のツボを心得ている分気持ちいいのである。

売春婦に「俺は愛されている」なんて錯覚を起こさぬように。。
相手はお金が目的、SEXは「ついで」なのだ。
あなたに癒されたいわけではない。

浮気が道徳的にどうかは別にしても、「人間関係」には違いないのである。
人間関係である以上、「心」なくして関係など築けない。
それは私の持論ではなく真理である。

さて 話が飛んだが 相手が熟女であろうが年下であろうが
安心して関係を続けていきたいなら
信頼を感じあいながら関係を保ちたいなら
金銭負担は対等に! 
これは鉄則である。

今日は出したなら 次は出してもらいなさい。
相手に正直に話せばいいのだ。
「どちらか一方だけが毎回負担では続けていくのは困難だ」ということを。
それを理解できない相手ならいっしょにいる価値なし。どんなにSEXが上手でも。

別にケチで言っているのではない。
すべてを対等に共有していく感覚がなければ「浮気」はできないのだ。
続かないのである。

author:stardog, category:-, 23:23
comments(0), trackbacks(0), - -
大人の女性との「出会いの扉」

「出会いの扉を開く鍵」屋本舗

出会う女性はアラフォー・アラフィー

熟女論

出会い系体験談 エッチになる年増女性たち

今更ながら「出会い系利用について」

相手は「彼氏である(彼女である)」という思い込み
互いに「いい感じ」になってくると、ついつい「甘え」が出てきてしまう。
「私のこと(俺のこと)だったらあの人なら許してくれる」
という甘え。

ただここでちゃんと考えないといけないことは
「相手はあなたの彼でもなければ彼女でもない」
ということ。この認識はとても重要である。

あなた方は単なる「浮気相手」であり、「セックスフレンド」でしかないということ。
もちろん、エッチだけで「気持を求めてはいけない」というのではない。
ふたりきりに時には大いに「恋人気分」を味わえばいい。

ただその時だけにしておいたほうがいい。
長く相手と続けたければ。

相手の生活のペース、仕事のペース、金銭のペースを妨害してはいけない。
そのつもりになっていなくても結果的に「妨害」しているなら同じこと。
特に熟女世代の女性が浮気相手なら 彼女は家庭を預かる主婦であることが多いであろう。
そして 彼女は自分の立場をよくわかっていてそれを大切にしているはずである。

浮気相手は互いに「相手にとって大きなリスク」なんだということは忘れてはいけない。
そこは細心の注意を払う。
リスクである以上、爆弾を抱えながら暮らしているようなものである。
相手に必要以上に「振動」を与えてはならない。
振動にびくついて、あるいはストレスがたまり
いずれ爆弾を腰から外して置き去りにしてゆくことであろう。

メールなら・・・
いえいえ とんでもない。
どこで「身内」がみているかわからないのだ。

互いに何か「暗号」を作っておいて、それを合図に相手の状況を察しながら
連絡はとったほうがよい。

別に連絡を最低限度にしろというのではない。
感情が盛り上がれば「相手を感じたくなる」のは当然である。
ただし 相手の状況が見えてないときには理性で感情をコントロールすること
そんな気持ちが絶対必要。

すべて長続きさせるためである。

浮気は「恋」ではない。
互いが合意のもとに築き上げたひと時の「止まり木」のようなもの。
そうでなければ いづれ誰かが傷つくことになる。

相手を、いっしょにいるとき以外は「彼氏・彼女」にしてはいけない。
author:stardog, category:-, 07:11
comments(0), trackbacks(0), - -
大人の女性との「出会いの扉」

「出会いの扉を開く鍵」屋本舗

出会う女性はアラフォー・アラフィー

熟女論

出会い系体験談 エッチになる年増女性たち

今更ながら「出会い系利用について」

浮気をしてはいけない人
浮気には向き、不向きがある。

どんなに相手を好きで慕っていても
どんなにSEXをしたくてたまらなくても
こんな人は浮気などもってのほか。
やめておくことをお勧めする。

・SEX=恋愛感情のみ
・相手を「支配」してしまいたい
・デート代は相手が(あるいは自分が)すべて支払うのが当然
・さまざまな判断は常に相手にゆだねる
・まずは自分の都合が第一
・メルアドや携帯番号を教えられない
・既婚者と(恋愛思考に余裕のない=惚れっぽい)独身者
・援助交際(売春・買春)志向者・・・汚い=問題外
・申し訳ないけどお金にまったく余裕のない人
・そして自分の行為に「責任」という覚悟のない人

これらにひとつでも当てはまる人は「浮気」などすべきではない。

浮気とはSEXを余裕を持った心で「お互いに楽しむ特別な遊び」。
特に熟女がお相手なら なおさら。
author:stardog, category:-, 06:56
comments(0), trackbacks(0), - -
大人の女性との「出会いの扉」

「出会いの扉を開く鍵」屋本舗

出会う女性はアラフォー・アラフィー

熟女論

出会い系体験談 エッチになる年増女性たち

今更ながら「出会い系利用について」